口コミ・体験レビュー 大麦若葉の青汁

ユーワ「大麦若葉青汁」を実際に購入!口コミは正しいか?辛口検証!

更新日:

大麦若葉を原料に飲みやすさを売りにしたユーワの「大麦若葉青汁」

ネット上の口コミをチェックすると、良い評価と悪い評価で2分している印象です。1,000円を切るコスパが魅力だったので、口コミの評価が正しいのか?実際に購入して検証してみました。

飲みやすさや原料、栄養成分についても評価をしていきたいと思います。

ユーワの「国産大麦若葉青汁」の製品情報

内容量は1袋3gと平均的な量

主原料 大麦若葉
内容量 27 g (3g x 7包)
種類 粉末
販売者株式会社 ユーワ A

ユーワの青汁の種類

ユーワの大麦若葉青汁は、「国産」と「中国産」の2種類に大別できます。

  • 国産(7包、50包、100包)
  • 中国産(50包)

九州産の大麦若葉

安いが原産国は中国

「大麦若葉青汁」と一括りにしますが、同じ大麦若葉青汁でも、味も栄養価も全然違います。確かに価格も結構違うので迷うところですが、やはり、国産にこだわりたいものですね。私は国産の7包タイプを購入しました。

口コミでも2つの商品を混在して評価していることが多いですが、これ以降国産の大麦若葉について、評価していきます。

国産の7包、50包、100包の違い

パッケージの見た目は違いますが成分や原料などの中身は同じなので、50包や100包を購入するときの参考にもなると思います。

Amazonでの価格を比較した表をまとめてみました。

7包50包100包
価格 309円1,098円1,688円
送料398円350円
※Amazonプライム会員は無料
350円
※Amazonプライム会員は無料
内容量 7包50包100包
1杯あたり約120円約29円約20円
返金保証なしなしなし

1杯あたりの価格が安いのは100包!

1杯あたりの価格は100包タイプが1番安くておよそ20円です。Amazonプライム会員なら送料無料なので、1杯17円ほどの計算になりますね。

ユーワ「国産大麦若葉青汁」の味を知っているリピーターにはうれしい価格ですね。

ただ、初めて飲む人は7包でお試ししてからでも良いと思います。特に青汁初心者には、50包や100包タイプをいきなり買うのはオススメできません。味や成分が身体にあうか分からないですからね。

 

総合評価 C

項目評価コメント
栄養価
2 out of 5 stars
飲みやすさを優先するあまり、栄養価はかなり物足りない。食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルは低水準

3 out of 5 stars
青臭さなどクセがないのは◯。ただし、かなり薄味で栄養価が犠牲に
安全性
4 out of 5 stars
国産工場で生産した九州国産の原料は◯。マルトデキストリン、難消化性デキストリンの添加はマイナス
価格
4.5 out of 5 stars
中国産に比べると高いですが、青汁としては十分安い部類

ユーワ国産大麦若葉は、飲みやすさは悪くありませんが、「栄養価」「味」「価格」どれもトップクラスの青汁には及ばないという評価になりました。

トップクラスの青汁と栄養価を比較

青汁の中でも栄養価が高く、最高ランクの青汁と栄養価を比較してみます。日本人に足りていないと言われる主な4つの栄養素を対象にしています。

ユーワ国産青汁ファンケル1食分のケール青汁
青汁原料国産大麦若葉国産ケール
食物繊維0.42g1.8g
カルシウム3.6mg78mg
βカロテン69μg787μg
表示なし0.15mg

食物繊維は4倍カルシウムは20倍βカロテンは10倍と最高ランクの青汁と比べると、かなり見劣りしてしまいます。

ネットの口コミでは「薄すぎて3包くらい入れないとダメ」と評価されていました。トップクラスの青汁と比べると3包でも全然足りない結果になっていました。

価格比較

ユーワ国産青汁は7包と50包を対象に価格を比較してみます。

ユーワ国産青汁7包ユーワ国産青汁50包ファンケル1食分のケール青汁
価格846円1,297円780円
内容量7包50包20包
1杯あたり120円29円39円
返金保証なしなし永久保証

私が買ったユーワ国産青汁は7包タイプは、実は1杯あたりの価格は割高です。ただし、初めて買うにはちょっと50包は多すぎるんですよね。

ファンケル青汁は、栄養価だけでなく価格も安くて飲みやすいのが魅力です。

ただし、ファンケル青汁の難点は、Amazonや楽天だと2900円と割高なこと。780円でお試しできるのは、公式販売サイトのキャンペーン価格だけです。

ファンケル「1食分のケール青汁」口コミ・レビュー!最強の青汁はコレで間違いなし

最近では珍しく主原料がケールのみのファンケル「1食分のケール青汁」。栄養価の高さに加えて、1,000円以下で買える非常にコスパの高い青汁です。 口コミでも高評価なファンケル青汁ですが、評判の通り飲みや ...

続きを見る

 

ユーワ「国産大麦若葉青汁」の購入レビュー

飲みやすさの総評

良いポイント

  • 苦さや青臭さがなくて、クセのない青汁
  • 粉末はそこそこ溶けやすい。

悪いポイント

  • 味がかなり薄い。メーカーも推奨している牛乳と混ぜるくらいが丁度良い。
  • 粉末のダマができてしまう。

商品の内容チェック!

私が買ったのはおためし用の7包入りなので、袋はかなり小さい手のひらサイズです。

袋の中身は、こんな感じでかなりシンプル。厚みもほとんどありません。

1包には、1回あたりの青汁の粉末が入っています。計ったりする必要がないので楽ですね。

最近はスティック型が主流ですが、より薄い四角型の袋でした。

粉末の溶けやすさ?

同じ大麦若葉の青汁でも、水との溶けやすさは各社まったく違います。

粉末を微小にしたり、繊維を取り除いたり、添加物によって水に溶けやすくしたりと、各社改良の仕方はそれぞれです。

それでは粉末をコップに入れて、青汁を作っていきます。

かき混ぜる前の青汁

これは粉末を混ぜる前の状態。青汁の粉末が浮いてしまい、さすがにかき混ぜないと水には溶けません。

 

粉末と水をよくかき混ぜていきます。

メーカーから指定の回数はありませんが、20〜30回程かき混ぜてみました。

大麦若葉青汁の完成。

水との混ざりやすさは、まずまずといったところですね。

パッケージの裏には「従来品よりも溶けやすく」とありますが、それほど溶けやすいという印象もありませんでした。

飲んでる最中に青汁のダマも発見してしまいました。後は、色がかなり薄いと感じました。粉末の色もそうですが、水に溶けた青汁の色もかなり薄いです。

飲みやすさをチェック!

粉っぽさはあまり感じませんでした。喉ごしはそこそこです。

口コミでは「粉っぽい」という評価を見たので覚悟していたのですが、それほどではないと思いました。

甘さ・苦さは?

甘さはほとんど感じません。苦さもありません。青臭さもありません。良く言えばクセがないといえますが、物足りなさも感じてしまいます。

またパッケージの「青汁の飲み方」に80ml〜100mlの水で飲むように記載があります。青汁の平均は100mlの水なので、メーカーも薄味であることは承知しているのでしょうね。

私は100mlで作ったので、80mlで作れば多少は薄さが改善されるのかもしれませんが、今度は混ざりにくくなりそうです。

「牛乳や投入などに混ぜるのがおすすめ!」とありますが、これも薄味だから牛乳で味付けしてね!ということでしょうか。

「抹茶風味の青汁!」とありますが、抹茶にしてはだいぶ薄味ですね。

 

ユーワ「国産大麦若葉青汁」の原材料

原材料

ユーワ「国産大麦若葉青汁」の原料は次の通りです。私の方で、青汁の原料と添加物を分けています。

青汁の原料大麦若葉末
添加物マルトデキストリン、ぶどう糖、難消化性デキストリン

まず、青汁の原料が「大麦若葉末」ですね。商品名にもなっている通りで、他の野菜は使われていません。

「九州産」という記載はありますが、具体的に産地の都道府県まではわかりませんでした。

次に添加物を見ていきましょう。

マルトデキストリンぶどう糖は、糖分なので、味をまろやかにする働きがあります。その割には飲んだ印象では、あまり甘さは感じませんでした。糖質は2g以下とかなり低いので、糖分の添加量はそれほど多くないのだと思います。

最後に「難消化性デキストリン」です。これは食物繊維を加えるために追加したものです。法律的には添加物には含まれませんが、青汁以外の原料を使用しているという意味では、添加物といってもいいでしょう。こちらも配合量はあまり多くありません。

難消化性デキストリンについて、詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

参考難消化性デキストリンは危険?身体に良い?【青汁の添加物】

ユーワの「国産大麦若葉青汁」は、「九州産」「国産」をアピールしており、安全性も重視していると思います。加えている添加物にそれほど大きな意味があるとは思えないのが、少し残念に思えてしまいます。個人的にはいっその事、完全無添加を売りにしてもいいのでは?と思ってしまいました。

添加物を使うと安全性の問題だけでなく、肝心の大麦若葉の量が少なくなってしまいます。糖質や食物繊維の量から推測すると粉末全体の3gに対して、大麦若葉は2gを下回っていると思います。

その分、栄養価がとれなくなってしまうのは、大きなデメリットだと言えるでしょう。メーカーとしては、それだけコストカットできているのかもしれませんが。

 

ユーワ「国産大麦若葉青汁」の栄養成分

続いて栄養成分をチェックしていきましょう。まず、1杯あたりの成分表は次の通りです。

栄養成分名1包(3g)当たり
カロリー10.05kcal
タンパク質0.195g
糖質2.043g
食物繊維0.42g
カルシウム3.6mg
カリウム23.1mg
β-カロテン69μg
ビタミンK9.3μg

栄養価は、総じてあまり高いとは言えませんがなかなか幅広くビタミン、ミネラルを摂ることができます。

青汁平均の値を上回っているのは、カリウムくらいでしょうか。β-カロテン、食物繊維はやや物足りないものの、まずまずといった評価です。

やはり添加物に内容量を費やしてしまっている弊害が見てとれます。

 

口コミ、ネットの評判は?

ネット上の口コミを好意的な意見と否定的な意見、両方を確認してみましょう。口コミの後のコメントは私の見解です。

ポジティブな口コミ

5 out of 5 stars この価格は青汁としては、かなり安い部類になります。原産国が不安になりますが、国内加工しているとのこと。有名な山本漢方の青汁は中国産なので、安全性が気になる人はユーワの青汁がおすすめです。

中国産イコール問題、低品質。というわけではないでしょうが、たしかに大気汚染問題などを見ていると気になるところはあります。産地は安全性だけでなくて、栄養価にも影響してきますからね。ですが、ユーワの青汁の栄養価が高いかというと・・・そうでもないのですが。

5 out of 5 stars 飲み始めて日が浅く、効果はまだわかりませんが、とにかくお手頃価格なので、長く続けてみようと思っています。ただ本当に国産かどうかが気になります。

やはりポジティブな口コミは、コスパを褒めている評価が多いようです。「本当に国産か」については、確かに確かめる術がないですからね。同社には中国産の青汁も取り扱っているようなので、少し不安になる気持ちも分かりますが・・・。

ネガティブな口コミ

1 out of 5 stars 手ごろな値段と思って購入しましたが、使ってびっくり。
一袋に入っている量が、とても少なくコップに水と混ぜてもとても薄い。これまで飲んで来た青汁紛の3分の1程度の濃さしかないように思います。箱にある写真のような濃さにするには、3~4袋入れないとならないのでは?ある意味詐欺です。一袋飲んで、捨てました。

なかなか過激な口コミでした。

確かにパッケージのような見た目の濃さはありません。まあ、写真詐欺はどこの青汁も同じようなものだと思います。

個人的には問題は見た目より、栄養価や味だと思います。

「1袋に入ってる量がとても少なく」とありますが、正確には「大麦若葉の量が少なく」ですね。粉末の量自体は3gなので、青汁平均と変わりません。

ただし、マルトデキストリンやブドウ糖などを配合しているため、大麦若葉の量が相対的に少なくなっているのですね。

これらの添加物のコストがどれほどなのか知りませんが、大麦若葉に比べると低コストなのかもしれません。そうすると価格の安さも納得できます。

2 out of 5 stars 牛乳とシェーカーでシェイクしていますが、粗い緑の粒子がシェイカーの蓋に沢山付きます。
味はほんのりと抹茶の風味があります。

私は今回シェイカーを使いませんでしたが、シェイカーを使っても混ざりが気になるようですね。「粗い緑の粒子」というのはいわゆるダマのことでしょうかね。確かにダマになりやすいんですよね、この青汁は。牛乳だと余計にダマができやすい印象がありますね。

 

総合評価

ユーワの「国産大麦若葉青汁」は低価格でコスパの良さは他社の青汁と比べても圧倒的です。リピーターには50包、100包タイプ。初めての人には7包タイプからお試しできる数少ない青汁です。

一方、味や栄養価には少し疑問が残ります。まず、青汁の薄さ。添加物によって大麦若葉の量が減ってしまったことで、かなりの薄味になっています。牛乳で飲む分には支障はないですが、水に混ぜて飲むには物足りません。

青汁の味や匂いが苦手な人が初めて体験してみる分には良いかもしれませんが、薄いカルピスを飲むようなものなので、これで青汁のことを嫌いになってしまうのも残念です。

何よりもコスパを重視する人には良いですが、野菜不足を本気で解消したい人にはもう少しコストをかけた本物の青汁をオススメしたいものですね。

参考野菜不足解消におすすめの青汁ランキング!

-口コミ・体験レビュー, 大麦若葉の青汁
-, , ,

Copyright© 青汁おすすめ人気ランキング~青汁おえらびヘルパー~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.